ウォーターサーバーの良いところとデメリット

ウォーターサーバーは、おいしい水を飲むことができるという優れものです。

最近は電源をつなげて冷たい水やお湯を即座に出せるため、水道から水やお湯を出すのと変わらないくらい便利になっています。

水も天然水やRO水など、それぞれの需要に応じて選べます。ただし、すべて良い点だけではないのに注意が必要です。

デメリットとしてまず挙げられるのが、通常は契約期間が定まっていて、その期間以内に解約をすると違約金が採られてしまうことです。



契約期間は1年や2年と比較的な長い期間に設定されていますので、よく検討してからウォーターサーバーを選ばないと、契約をしたことに公開してしまいます。
違約金を払いたくなければその期間は我慢しなくてはならないからです。もう一つ挙げられるのが、場所をとるということです。

狭いスペースしかない家庭には邪魔になってしまうでしょう。



ただこの点は、省スペースにも対応しているウォーターサーバーが登場しているので、必ずしもデメリットとは言えません。



省スペースの物であれば、圧迫感を感じさせることはないでしょう。

このように、ウォーターサーバーはデメリットも持っていますが、逆に言うと一般的にデメリットとなる点を抑えることができる製品ならば、自分にとってはプラスです。
前述でいえば、購入ノルマがないところもありますし、小さい卓上タイプのウォーターサーバーもあります。

したがって、後悔しないためには比較検討は欠かせません。