メンテナンスからみるウォーターサーバー

意外と衛生面に不安を抱えることも多いのがウォーターサーバーです。

製品によってメンテナンスの違いが異なることから、不衛生の状態が続いてしまうこともあります。

せっかくおいしい水を飲用できるようになったのに、衛生面に不安を抱えるようになると台無しになってしまうでしょう。
メンテナンスの面からウォーターサーバーを見ることも大切です。


メンテナンスの対応は、ふたつにわけることができます。

それは外部と内部メンテナンスです。



外部は2年に1回ほど、サーバー自体を交換したり、訪問によってメンテナンスを行います。

内部はサーバー自体にクリーン機能がついており、ボタンをひとつ押すことでメンテナンスをすることができます。


最近はこのようなウォーターサーバーが増えています。

内部は特殊なメンテナンスをする必要がありますが、利用者側ができることもあります。特にボトル周り、蛇口付近、受け皿周辺は雑菌が繁殖しやすくなっていますので、このような場所をアルコールで拭くようにすると、衛生面を守ることができます。



特に人が触れやすい場所になりますので、定期的に綺麗にしておくようにしましょう。

メーカー側も耐性などを考えて製品を作っていますので、過度な心配をする必要はありませんが、やはり気になってしまう問題です。



内部の問題は導入してからできることは限られていますので、導入したときにしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

メンテナンスは、できることとできないことがあることを理解してください。